時々、さんざめく

とるに足りないニワカ趣味話(旅行、美術、酒etc)

雑談的な話、からの

書き手の音楽を聴く環境はこんな感じ。

  • オーディオ(?)はPC/Windowsスマホとかタブレットではあまり聴かない。音楽プレーヤーは持ち歩かない。昔ウォークマン持っていたらよく壊したので、相性が悪いのだと思い、以下買い足さず幾星霜。 最近外出してないしね。
  • 御近所迷惑になるので、廉価な有線ヘッドホン使用。Bluetoothイヤホンも持ってるけど、いちいち充電するのが面倒で有線ヘッドホンにした(Bluetoothイヤホンはスマホタブレット専用に。音楽というよりはSNSの音声聴く用だけど)
  • 再生プレーヤーとしてiTune使用
  • CDがある場合は取り込んでる。iTuneでの取り込み設定がデフォルトなので形式AAC
  • CDがある場合はCDを購入することが多いけど、配信限定がある場合は配信で購入。形式はMP3だったりAACだったり
  • 音楽サブスクはあまり使わない。試聴で使うことがないわけではない。使用しているネット環境に速度制限があるのでその程度。諸々の理由でApple Music入ってるけど、正直、試聴だけならSpotifyの無料回数で済む感じはする。

ごくごく普通(?)の音楽環境。

好きな音楽がある人なんだし、こういう環境だと悲し気になる方もいらっしゃるので(何)、もう少しなんとかしようよ、と思い立ったが吉日。

音楽プレーヤーをTuneBrowserに変えて、CDをFLAC形式で取り込み直した。
tunebrowser.tikisoft.net
大量に音楽を保有している方ならともかく、そんなに数を持っていない書き手は割と簡単にできた。良く聴くCDだけ取り込んだので、TuneBrowserにお金払う必要もないぐらい(Trialだと500曲まで管理できる)。正直、お金払っても4000円いかないしな…。
これで少しは良くなった…ような気がする。特にベースの音がよく響くようになったような…。
個人的には、音質に拘っても、受け手の耳が合わなければ意味がないのではないか、という気がするので、他の方にはお勧めはしない。
音楽ちょっと好きかも、という方は試してみてください。

ついでに、これで配信をMP3やAACで購入しても仕方がないので、(できる音源であれば)ハイレゾで購入することに。
MP3/AACの倍のお値段だけど、データサイズ3倍ぐらい違うのよね。そんなものよ。
というわけで発売日でございますので、早速ハイレゾで。

www.kronekodow.com
ドラマの主題歌なので、事前にちょこっとだけ拝聴した(ドラマ自体は録画したけどまだ拝見していない)。
www.nhk.or.jp
その時点で「お年賀」のティザー映像の曲なのかな、という推測はついた。
morina0321-2.hatenablog.com
ねえ。
なんで事前に拝聴していて、いざ聴くと「え、この曲でいいの?」って混乱するんだろうね。裏切る裏切る。勿論、いい意味で。曲の構成難しい…!
伊澤さん(キーボード)作曲だけど、知らなかったら浮雲さん(ギター、と言いつつ今回ギターなしボーカル担当(!))作曲だと思った可能性が高い。というか、伊澤さんの作曲が底知れないのか、皆様の編曲が底知れないのか。
刄田さんのドラムが変化しまくって個人的にとても堪らないのだが、途中で別の曲のAメロっぽいフレーズが聴こえたような(ヲタク)。
ところで。歌詞は個人的には完全同意なのでいいんだけど…苦手な方とかいらっしゃいそうだなあ、と…(苦笑)

今年も配信Liveを拝見しております

2021/01/19  「松下マサナオ × 伊澤一葉」@配信(有観客。会場:月見ル君想フ

morina0321-2.hatenablog.com
こちらで記載したLiveの第二弾。
ドラム×キーボード…キーボード…(何やら首を捻りながら)あ、ええと、今回はギターは出てこなかったよ。ギターは。うん。


まず。
このLive、実はもう少し遅く始まって遅く終わる予定だったんだけど、まあ、東京都はああいう状況なわけで。18:30スタート、19:50終了となった。
休憩なし1時間20分。演者もスタッフも大変だったと思う。お疲れ様でした。


フリーセッション。演者すらお互いが予測不可能。
※リハーサルはやっておられますが。


リハーサル通りに演奏されておられるかどうかは…さて。
相変わらず伊澤さんはキーボードに色々仕込み、松下マサナオさんはS.E.と、演奏に多彩な道具をお使いになられる。…けど今回、ちょっと道具少ない感じが、と思ったら。
www.instagram.com
なんという不慮の事故。それでもあれだけ多彩に使って多彩な音を。凄い。
音楽としてはなんだろう。個人的な感想は宇宙の音楽があったらこうなのかも、かなあ。不穏さも含めて。
あと、後半の「アレ」をどう受け取るか、というのが…。多分、あっぱ好きな方なら大丈夫…かな…(何)


→追記。本番の映像、松下マサナオさんがアップしてくれておりましたよ。

www.instagram.com


いつまで購入できるか不明だけれど(記載時点で購入可能)、アーカイブが1/26まで残るそうなので、ご興味がある方は配信を。

そりゃあ並べたくて仕方なくなるじゃないですか


東京事変 - 喧嘩上等

刄田綴色の喧嘩上等!
元のMVは2006年発売。まさかの15年越しの御本人再現映像*1
御本人はふざけてると仰ってますが、神楽の動きって相当キツイはずで、正に身体を張ったおふざけ。感動して思わず記事にしてしまった。後悔はしていない。


ファンとしては嬉しいやら有難いやら勿体ないやら、身体を心配するやら…(五体投地しながらリピート)

*1:元のMVもちゃんと御本人の舞。ファンの方は御存じでしょうが、神楽嗜んでいらっしゃったんですよ

それは多分拘りというもの

下記記事でもちょっと触れたんだが。
morina0321-2.hatenablog.com
このような番組がある。
sokudonoongaku.com
TVKテレビ神奈川)の5分番組(実際の放送時間は5分もない)。ここで毎週、邦楽のカバーが流れる。演奏するのはH ZETTRIO
毎週だよ毎週。曲全部違うんだよ。
しかもフルで曲が流せないからって、フルバージョンをYoutubeで公開してるんだよ。
www.youtube.com
ローカル局の5分番組でこれってちょっと凄くないか…?と常々思っていた。

でもってこの番組、番組で演奏したカバー曲をCDで販売している。

SPEED MUSIC -ソクドノオンガク vol.1

SPEED MUSIC -ソクドノオンガク vol.1

  • アーティスト:H ZETTRIO
  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: CD
SPEED MUSIC - ソクドノオンガク vol. 2

SPEED MUSIC - ソクドノオンガク vol. 2

  • アーティスト:H ZETTRIO
  • 発売日: 2020/09/02
  • メディア: CD
SPEED MUSIC - ソクドノオンガク vol. 3

SPEED MUSIC - ソクドノオンガク vol. 3

  • アーティスト:H ZETTRIO
  • 発売日: 2021/01/06
  • メディア: CD
1/6にVol.3が発売になった(もう3枚も出てるのが凄い)。
で、それも絡めて、1/5にLiveの放送がTVKであった。
これ、11/6にあったこの番組タイアップのLive@パシフィコ横浜
ローカル局の5分番組でタイアップでLive開催。しかもそれを(CDの宣伝込みとはいえ)ダイジェストじゃなくてほぼノーカットで放送するとか。
※Liveレポートが出ているので、Live詳細はそちらを御覧ください。
lmusic.tokyo

よく考えると、本当に気合が入っている。
恐らく、制作側が本当に音楽が好きで、H ZETTRIOも好きで、情熱と拘りがあるのだ。

一番上にあげた記事でも記載したが、Live配信はちょっと時間がなくて見られなかったので、TVKで放送してくれたのは本当に有難かった。
正直、無料で楽しんでしまっていて、ちょっと申し訳なくなるぐらいに。


ちなみに。
TVKは年越しに、こんなのもやっていた。


フルバージョンで流して4時間ぶっ通し。
まあ、年末年始だし、既存の動画で番組作れるのは確かに楽はできるけどね、と録画。
後日、録画を確認したら、確かに既存の動画を流していたが、1曲1曲に曲の解説を字幕で載せていた。え、なんでそこでわざわざ手をかけてるの…!?


ローカル局、本当に侮れない。
番組自体は神奈川だけでなく、南関東なら他都県でも見られる地域もあるし、Youtubeでも楽しめるので、宜しければ。
ちなみに書き手は「シルエットロマンス」が今のところクリティカルヒット。元曲も素敵でございますけどね。CDに収録されてないんだよね…。



余談的な追記。
「ソクドノオンガク」はオープニングテーマがある。
Live配信で初めてフルバージョンを聴いて「格好いい曲だなあ」とは思っていた。
昨年の10月に配信発売されてた「Never Ending」という曲。今更気づいたよ…。先日MVも出ていたので紹介も込めて。

H ZETTRIO / Never Ending [MUSIC VIDEO]

お年賀を喰らえ

晦日の降臨への興奮が冷めないうちに、そんな声を天上から聞いたような気がする。

東京事変ティザー映像「Up, up and away!2O2O」
www.kronekodow.com
書き手はこの順序で拝見した。
ティザー映像は本当に格好良くて、音にもノックアウトを喰らい、おおおおお!とテンション爆上がりだったのだが。
アー写は脳味噌が一瞬動きを止めた。
椎名さんが相変わらずお美しい魔女(あ)なのは良いのですが。男性陣皆様、胡散臭さはあれど(え)とても格好いい…の…です…が…
…刄田さん…この衣装はどう表現したらいいのですか…。なんというか、何者なのか正体不明過ぎる…。妙に若返って可愛いけど(なんか言った)


ともあれ新年からありがとうございます。今年も宜しく御願い致します。
皆様、くれぐれもご健康にはお気を付けください。



→1/4追記。もう一つお年賀を喰らえ的な。


シチュエーション的にはとてもほっこりする写真ではあるのだけれど、どうしても「右腕…!」となってしまうヲタク視点。

今年の総括 #とは

書き手は「今年の総括」というものを基本的にしないひとです。

書き手の美術系の描き物は12月頭で終了している。
なんかね、えらいひとが東京行くなってしれっと責任とらず言いやがったのね(書き手は非東京都民)。しかも正式要請だかなんだかわからなく有耶無耶にしたので結局行かなかったのだけど。行きたかったところあったんだよ?なので書き手のレポートが上がらなかったのはえらいひとがちゃんとしなかったからです。もうちょっと要請したきゃ、ちゃんとリスクとか考えて具体的に通知しろや。
とまあ年末までブチ切れております。



音楽系は…ええとまあ、色々ありましたね(何やら遠い目)
正直なことを言えば、本当に今年、見つけていなかったら、書き手はどうなってたか。感謝しきれない。いやもう本当に沢山のものを頂いて。これを書いている後にも沢山頂くのだ。
そしてそれに対しての対価は払う場所もない。どうしていいか分からないほどに。五体投地しろと言われたら、いくらでもするよ本当にもう。
ひとまず迷惑をかけずに応援していきたい。当面の課題&目標。


とりあえず出ているもの&先に出るものの宣伝だけ貼り付けて(できれば購入して頂けると!)、これから先に備える。
個人的には、来年も趣味に沢山お金を払えるように粛々と働いていきます(え)



moon grin「OLナイトルーティン」music video (Guest Musicians/刄田綴色(東京事変),イガラシ(ヒトリエ),DJ REDBLOOD)
サポートドラムのお仕事。今までにない感じのお仕事と思う。音源はサブスクもあるし、配信でリリースされてるので是非。配信、普通のものより安くて「え、これでいいの?」ってなったりした。



[CANOPUS ONLINE VIDEO STREAMING] 刄田綴色 楽曲解説動画 第一弾!「群青日和』(東京事変) 12月25日23:00解禁!!
恐らく想像以上に「バンドのファン」が楽しめる一品。ドラムだけじゃない。これ1000円ちょっとでいいの…?



Flood Lyrics/太陽と月 (Lyric Movie)
サポートドラムのお仕事。こちらは来年春にお金を払えるようになる模様。
で、制作過程の動画が公式で出てるので。このこと自体が本当に凄いと思うのよね…。

東京事変 刄田綴色のリモートレコーディング?の手順【Flood Lyrics】

リモートrecording後編 もはや只の刄田綴色のrecording動画。

こんな時期だし大人っぽいものでも


というわけで、 the HIATUSの配信Liveを拝見していた。
こちら、ハコがハコだけに、普段のthe HIATUSのLiveとはちょっと違っているそうで。まあ、だからちょっと興味が沸いたとも言うのだけど。
まあ、正直なところ、柏倉さん(ドラム)を拝見したかったという話もあるのだけど。

実はLive時間は所用で拝見できず、配信アーカイブのみで拝見。半分以上はクリスマスイブに拝見することになった。
不勉強なため、セトリとか全然分からないのだけど、皆様正装で、格好よく演奏しておられて。時期的にもとても素敵なひととき。お酒飲みながらしっとりと拝見したいなあ…。
柏倉さんは今回結構パーカッションも取り入れられてた。ウインドチャイムとかシェイカー(鈴ついてるのも!)とか。勿論ドラムは格好いいよ。今回は太鼓にダイブはしない(あ)
伊澤さんが今回ピアノのみ(要は電子系の鍵盤使わないということ)での演奏だったのだけど、意識して聞かなくても耳に入ってくる旋律の格好良さ。指の動きが物凄いよ。おおお。

アーカイブが12/24 23:59まで、で。本日ちょっと忙しかったのもあり、予定外のサンタ的なナニカが入ったのもあり(何)、割とひやひやしたのだけどちゃんと見られた!と思ったら。


あれ?
もう一度ぐらい拝見できるといいなあ…。