時々、さんざめく

とるに足りないニワカ趣味話(旅行、美術、酒etc)

H ZETTRIO LIVE 2023 - ニレ兄さん!飛鳥山へ連れてってー!-@北とぴあ さくらホール

www.instagram.com
妄想で飛鳥山に連れて行ってもらうのはイタイのでやめた方がいいと思います自分(真顔)


堂々とニレ兄さんと呼べる2023年(違)今年の初Liveに行ってまいりました。
なお、飛鳥山に伺っているのは時間があったからです。その前の話も後日記載。
Live告知ディスプレイ、頑張って頂いてて嬉しい(Instagramだと切れてるけど、御三方個々の写真もございました)。


というわけで、今回のLiveは「全年齢対象」*1で、二部構成(全年齢の時は休憩挟んでくれますね)で一部がカバー曲。
とはいえ、「ソクドノオンガク」でガチ「今の子供用」という曲はあまりやってないなあ…とは思うのだが、やっぱり子供達のために作られた曲は、子供が馴染みやすい音で作られてる(と思われる)ので、そういう意図のセトリなのかな、と。実はカバー1曲分かってません…なんでしたっけアレ…
オリジナルも楽しい曲が多かった気がする。
あとはまあ、Liveタイトル的にあの曲とかあの曲とか?あの曲は自分も拝聴できてテンション上がったし、滅茶苦茶ウケてる方いらして、わかるー!ってなりましたね…

とある曲でギャン泣きされてるお子様がいて、「あーそうだよねーこれは怖い子は怖いよねー…」ってなったりとか。この辺は個々の感性なのでしょうがない。
そういうのも含めて、なんか微笑ましく、凄い楽しいLiveであった。
ありがとうございました。




…ところで、MCで「ソクドノオンガク」Vol.7発売の告知しましたっけ…?今度の水曜ですが…。それも含めてカバー曲多め、というわけでは多分ないと思うのだけど。


→追記。セトリつきレポートが出てました。
ototoy.jp
1曲分かってなかったカバー曲、「ひょっこりひょうたん島」。原曲がリアルタイムでなくてうろ覚え、というのもあるのだけど、頭の中で原曲とカバーが結びついてないみたい。
お子様がギャン泣きしてたのは「ゴジラのテーマ」。あれ、怖いと感じるお子様は結構いらっしゃると思うので、仕方ない部分はある。
LIveタイトル的に、は「NIRE The Bassman」と「俺ら東京さ行ぐだ」。

www.youtube.com
こちらを生で拝見できたのは僥倖でありました。いやもう、凄いし面白すぎるし。席が上手側だったのでそれはもう堪能。

*1:普段は3歳以下入場不可、H ZETTRIOは全年齢のLiveも結構あるけど

王子散歩

まだ時間に多少余裕があったので。

玉子、ならぬ王子散歩です。王子駅に貼ってあった。なんだこれ。

王子は渋沢栄一の街

大河ドラマをお好きな方なら御存知…なのかな(大河見てないので)。晩年のお住まい。
というかまあ、国立印刷局が王子にあること、ひいては王子製紙創業の地も王子で、この辺がっつり渋沢栄一が絡んでおいでなので。

そして謎の二次元&イケメン化ポスター。
渋沢栄一の実際の肖像画って、どう見ても橋爪功…(こら)いや、役者として橋爪功は嫌いではないのだが。

王子といえば都電

さくらトラムと書けと。

走っているとつい撮影してしまう都電。何故こんな俯瞰写真なのかというのは、後述。
実はちょっと乗ってこようかな、とも思ったんだけど、路線的に回り道になるので今回は回避。

ニレ兄さん!飛鳥山へ連れてってー!

Liveタイトル名を叫ぶのはやめろ。
morina0321-2.hatenablog.com
それはともかく。

飛鳥山公園にも足を伸ばす。
とはいえ、飛鳥山に来るのは2度目。
飛鳥山には3つ博物館がある。1つは前述した渋沢栄一の資料館(それとは別に、旧居も飛鳥山に残っていて公開してる)、北区飛鳥山博物館、そして紙の博物館。もう10年前ぐらいだろうか、こちらに伺っているのだ。
前回のお札と切手の博物館と紙の博物館はセットで行っても面白いと思う。
ちなみに飛鳥山は一応「山」なので、割と上り下りが難儀。
なので。

モノレールがある。無料で乗れる。なお車両の愛称が(写真の文字見えないかもだが)「アスカルゴ」。
書き手、ちょっと下りだけ乗らせてもらった。
で、都電の写真はアスカルゴの車窓からなので俯瞰だったりする。

この日の目的地は北とぴあだったんですよ

で、北とぴあには結構アート作品が飾られていて、いい感じなのも結構ある。

こちらの彫刻は朝倉響子「スーザン」。朝倉響子ってもしや、と思ったら同じく彫刻家・朝倉文夫の娘さん。
まだ朝倉彫塑館に伺ってないんだよねえ…いつか。

お札を彩るさまざまな模様@お札と切手の博物館


王子に来ました。いや、一番の理由は既にブログで書いてるけど。
で、そのちょっと前にアイエム・インターネットミュージアムさんで紹介されててね。
www.museum.or.jp
これ、王子じゃないか、と。そうだよね、王子、というか滝野川国立印刷局の工場あるもんね。当たり前のように書いてるけど、実は別趣味の知識で存じ上げているというアレ。
というわけで顔を出してみた。無料施設。
ちなみに工場(今は東京工場、旧:滝野川工場)も隣にあって、工場の門の…多分鳳凰かな、紋章が綺麗だった。写真撮っていいのかなあ、とちょっと不審者と化した。


1階は常設展示。
お札の成り立ちとか、印刷技術とか、それにつながる偽造防止の話。
そして一番最初の頃の印刷は、エングレーヴィングから始まってるのね。
morina0321-2.hatenablog.com
morina0321-2.hatenablog.com
美術観点で見ていた技法がここに…。今でも印刷技術で偽造防止に使用するそうな。
後はお札の原料の話とか。西洋だと布から紙を作ったりしていたみたい。ただ、紙の話は近所の別の博物館の方がいいかもしれないね(ぼそ)
偽造防止技術の体験コーナーもある。工夫されてる展示で本当に面白かったなあ。

1億円の札束の例示も。ウッドベースより少し軽いかな」とか思ってごめんなさい(あ)


2階も常設展示と特別展示。
日本のお札の歴史。藩札から、初めての肖像画入り札から、戦争時の金属不足用の小額紙幣から、やはり戦争中の印刷代節約で裏が白い紙幣やら…。
でもって世界各国の紙幣。これが面白い。面白お札を集めたコーナーは本当に色々。縦型だったり、紙以外で作られてたり(金箔で作られたのもあった)、絵が珍しかったり、アラビア文字だったり。
で、やっぱりこの辺は好き。

これが超インフレで有名な噂のジンバブエドル。100兆札…。
そしてもっと上には上がいて。

10垓札…。京の1つ上の単位ですな…。戦後、大混乱だったんだね…。
逆に下も。

1/2札。もうよく分からないよ(うぃきったら、1/4なんかもあったらしい)。
あとは、世界各地の札もずらっと。国じゃなくて、地域通貨なんかもあったりするんだね。カリブ海とかアフリカの地域とか。単位が一緒で紙幣を作るには大変だったりするのかな…。

切手コーナーも。おお、ペニー・ブラックありますな(世界最初の切手)。
他には最近の記念切手…なんかも…えっ。

渡辺省亭…!?よりによって!?え、なにこれ、書き手へのサービス?(なんかこれで有名になったとかも聞いた気がするが…)
www.post.japanpost.jp
勿論、変わり種な切手もあって。

スイスのレコード付き切手。スイス国歌が入ってるそうで。余談だけど、スイスの国歌って歌詞の内容が讃美歌っぽいんですな。へー。


で、特別展示「お札を彩るさまざまな模様」。
お札の地の模様と、枠の模様と。あとはあちこちの「彩紋」(幾何学模様)。
総じてめちゃくちゃ細かい。
日本の伝統模様が入って日本らしさイメージ、らしいのだが、偽造を含む目的もあるんだろうなあ。
昔の藤原鎌足の肖像を描いたお札には藤の花モティーフがあったり、日本武尊の肖像を描いたお札には枠に勾玉が描かれていたり。
海外のお札の模様の例も。特産の布の模様だったり、古代文字だったり、有名人の肖像画だったり。


いやあ…思った以上に興味深かったなあ…。
1時間以上いたよ。時間に余裕あって良かった…。


ちょっと続く。

東京国立博物館


年賀詣で。
今年は年始の生け花、正門だけなんだね…(悪天候にてあまり綺麗にも撮れず)。
今年もよろしくお願いいたします、と言いながらメンバーズパスを更新。


いつもの通りの総合文化展、さて、本館から回りましょう…あれ?なんかひとが多い…?
昼過ぎということもあるかもしれないが、特別展もないのに、いつもと比べてなかなかの人出のような。まあ、いいことだと思うけども。

1室。
「日本美術のあけぼの」で、「埴輪 挂甲の武人」が市松模様で御洒落、とか、「鶏形埴輪」可愛い、とかあるんだけど、今回気になったのは「子持装飾付脚付壺」。子持装飾自体が面白い(山陰地方で結構出てる、今回のは岡山出土だけど)のだけど。

相撲とってる…!?行司までいるぞ?
「仏教の興隆」には珍しく「伎楽面 酔胡従」が展示。いつもこのケースには仏像が展示されているのだけど。

2室「未来の国宝」は、伊藤若冲「玄圃瑤華」。
こちらは自画自刻(自分で版木彫ってる)の版画。東京国立博物館がちょっと前にポスターを作成されてたなあ。
「石竹・梅花藻」は個人的に結構好きかな。

3室。
「仏教の美術」、時代が少し新しいからか(とはいえ鎌倉時代とか南北朝時代とかだけど)、仏絵が美しかった。「仏眼曼荼羅図」や「十二天像」辺り。
後は金属の仏具が綺麗。「金銅火舎」は形がなんか綺麗だよなあ。
「宮廷の美術」は、正月なので「古今和歌集(元永本)下帖」が展示されていた。
あとは大口周魚が収集した「手鑑「月台」」が。収集は明治時代だけど、収集対象は奈良~鎌倉。マニアは収集資料が残れば貴重…。
「禅と水墨画」は伝・周文「四季山水図屏風」はなんだか素敵だと思う。余白かなあ。

7室は本来なら「屏風と襖絵」なのだが。
こちらに長谷川等伯「松林図屏風」を展示していた。
毎年正月に展示はしているのだけど、普段は2室。今、「未来の国宝」企画で使っちゃってるからなあ…。
湿気を孕んだ空気感に漂うこと暫し。

8室。
「暮らしの調度」は衣装のみ展示替え。夜着と、正月っぽい華やかな紅綸子地の打掛。
「書画の展開」は、やっぱり正月良く拝見する気がする小林一茶「詠草」とか、酒井抱一「扇面雑画」とか。
狩野伊川院栄信絵・成島司直筆の「芝園臥龍梅記並詩歌」、尾形光琳「竹梅図屏風」、岸駒「月梅図」等、梅が多いのは季節柄かな。
で、正月でおめでたい図柄、ということでか、仙厓義梵「富嶽図」…仙厓義梵だから大分簡素な富士山だけれど。

9室「能と歌舞伎」は正月なので「能のデザインにみる吉祥模様」。
模様は吉祥だけど色がかなり渋くて格好いい「厚板 藍茶段立涌笹萩模様」とか、それよりは明るいけれど派手ではない「長絹 黄地牡丹南天模様」とか、舞台で一番映えそうな明るい地の「縫箔 紅地芦帆掛舟模様」とかを気にしつつ。

10室。
「衣装」は相変わらず目の保養。
でもって「浮世絵」…歌川広重「名所江戸百景」特集。
え、なんですかこれ、書き手へのサービスですか?(落ち着け)いや…堪能しました…ありがとうございます…。

1階へ。
11室「彫像」は特別企画「大安寺の仏像」。

ただ、個人的にはあまり好みではなかったかも。

14室特集は「創立150年記念特集 近世能狂言面名品選 ー「天下一」号を授かった面打ー」。

女性の面を気にしてしまう。般若も含めて。「増女」綺麗だったなあ。

16室「アイヌ琉球」は衣装関連のみ入れ替え。
琉球衣装の「花織着物 縞地花入菱繋模様」は藍型(えーがた)なので大変渋い黒っぽい衣装なのだけど、よく見ると「花織」がゴリゴリに入ってて、なかなか凄いものである…。


ここでいつものように、平成館に寄り道。
企画展示室は「博物館に初もうで 兎にも角にもうさぎ年」。

看板の兎が結構素敵なデザイン。しゅっとした感じが。
いつもは各部屋にモティーフを置いてたような気がするけれど。多分拝見したことのある「白玉兎合子」や「兎水滴」、兎耳の「金茶糸素懸威波頭形兜」、模様が兎の毛に見えるというので「黒釉兎毫斑碗」等が好み。「黒釉兎毫斑碗」は兎の毛とか考えずに模様が好きなのだけど。
あと、兎は古代の中国で、月で「薬を作る」(餅つきじゃないんだよね)と見立てられて、神様的な扱いされてたそうで。「玉兎搗薬文磚」とか、ちょっとお化けっぽい兎だけど、なんだか気になった。

でもってさらっと考古展示室。
個人的に好きな須恵器とか埴輪とか見ちゃうのだが、「象嵌大刀―埼玉県皆野町 稲荷塚古墳―」の「象嵌装板鐔付大刀」が気になりつつ。
修復したようで、なかなか綺麗に。


本館に戻って18室「近代の美術」。
まずは日本画。島崎柳塢「美音」でおお?と。冬に琴を聴きに来た老若男女、らしいのだが、ことに女性が上品で美しい。島崎柳塢、存じ上げなかった。こういうのが出てくるからおお、となりますな。
横山大観日蓮上人」は、描かれている日蓮がなんだか非常に力強い顔立ちで。
あと、何度か出ている今村紫紅・下村観山・横山大観小杉未醒の「東海道五十三次絵巻」がなんともいいんだよねえ…。それぞれタッチが違っててまた。
彫刻は大型の森川杜園「牝牡鹿」(あ、こちら、シカゴ万博に提出したものなのね)は鹿だし可愛いしなのだが、山崎朝雲「菅公像」がなかなか素敵。山崎朝雲、好みなんだろうね。
金工だと大島如雲「鷺置物」が素敵。三匹の鷺の配置と姿勢がいいのかな。
油彩は浅井忠特集。個人的には嬉しいのだが…照明の具合なのか、絵がとても見づらい…。写真も撮れるんだけど、なんとも難しかった。バックが暗いと、変に反射して色々映っちゃうんだよね。うーん。


で、特別3室。
「日本美術のとびら 四季」という特集をしていた。
東京国立博物館所蔵の有名な4つの国宝の複製品に、プロジェクションマッピングを行う企画。
なかなかない企画ではあるので、一度拝見するのはありかと。


外に出たら雨がやんでいたので、キッチンカーでエネルギー補給(いももち美味しい)してから、表慶館へ。

「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」。実は11月からやっていたのだが、こちら、総合文化展チケットで入れるのに暫く気づいていなかったんだよねえ。
東京国立博物館で初の公募型展覧会。公募したのは「150年後の国宝候補とされた、個人や企業から集められた“ワタシの宝物”」。
個人は吹き抜け部分の2階に集められて、後は各企業からの公募品。どんな感じかというと。




カオス。
キティちゃんの写真分かりますかね、影が全然違うポーズなんですよコレ。
ポリンキー湖池屋ブース。こちらは人だかりができていた。というのも、これポリンキーだけじゃなくて湖池屋の商品を使って大きなジオラマを作っていて、そこにポテトの小さな電車が走っている。
ここにスマホを動画が録れるモードで置くと、ジオラマ内を走る景色が動画で録れるという仕組み(ちゃんと受付のスタッフさんがいる)。これは湖池屋さん頑張った…。
ここに出したのは極めてカオスなものばかりで、他にも本当に色々なジャンルなものが。
なんか…凄かったよ…これをあの表慶館で展示するセンスとかも…。
個人だと、気になったのがトーハクくんが気になったのと同じになっちゃったよ。
www.tnm.jp
いやあの…煮干しコレクションって…標本で…。


通常に戻って東洋館。
とはいえ今回は軽めで、9室「中国の漆工」のみを。
普段はあまり朱色の漆工は好みではないのだけど、今回のは色味が落ち着いていて良かったなあ。「蓮堆朱盆」とか「葡萄堆朱盞台」とか「龍涛堆朱箪笥」とか。


法隆寺宝物館は6室「染織」へ。
毎回思うのだが、「残欠」で、本当に残っている一部のものなのだけど、奈良時代の模様がきっちり残ってるの、本当に凄いなあって思う品々ばかり。
特に今回はきっちり残っていたもんなあ…。


いつもよりは時間ぎりぎりにはならなかった。
今年は何度伺えるかなあ。特別展も楽しみにしてるのが1つあるのよね。

星野道夫 悠久の時を旅する@東京都写真美術館

2023年最初の展覧会はこちらに。東京都写真美術館は久々。
morina0321-2.hatenablog.com

topmuseum.jp

www.instagram.com
書き手はあまり写真ジャンルには詳しくないけれど、自然の中の写真はちょっと気にしてしまうもので来訪。
星野道夫は有名ではあるけれども。

北の極に近い辺り、なかなか厳しい自然の中でありのままに生きる生物とか、命の営みとか。ちょっとグロいのもあるので苦手な方は御注意。
動物同士の命の営みも、そこに人が関わっていくことも。

それにしても、動物の赤子に対して可愛いと感じてしまうのはなんだろうね。本能なんだろうか。


自然と命をありのままに受け取る写真の数々。


前売りを購入して伺ったのだが、購入時点で該当時間帯は残少表示。
結構な混み方ではあった(帰り際、当日券の方は待機状態もあった模様)。


さて、東京都写真美術館、実は前回伺った時と、ミュージアムカフェが変更になっている。前のカフェもとても美味しかったんだけどな…。
今のカフェは吉祥寺のカフェが出店されてるそうな。
というわけで、少々早めのお昼。


twitterでも触れたが、こちらも美味しい&食器が御洒落。


久々の場所の次は「いつもの場所」に移動。
続く。

配信はいいものです

worldapart.co.jp
参加しておりました。
ありがとうございました。音綺麗…個人的になかなかツボなセトリ…


なお、そちらの配信Liveがあるよ!と誘われるままにZ界に入ったりとかしたりしまして(ぼそ)誘われてて大変良かったなあと思う次第でございました…(ちょっと魂抜けてます)

H ZETTRIO Special Live 2022 “Blue Note of 3”/SPEED MUSIC 1st@ブルーノート東京


2ndはこのシャツだったんですな*1
www.instagram.com
お花咲いてますね(あ)

初めてのブルーノート東京
morina0321-2.hatenablog.com
昨年通りがかってるから、場所は分かってるけど。というか、この通り「美術館通り」なのよね。道を挟んで岡本太郎記念館あるし。
クリスマスのチケットは取れなかったのだけど、お休みが確定した時にまだチケットがあったので、ありがたく。
それからすぐソールドアウトだったから、ぎりぎり間に合った…。

Liveオリジナルカクテルも頂きました。


結構酸味が強くて、あまり甘い感じでなくてさっぱりと。


SPEED MUSIC主体のLiveは初めて。これはこれでとても楽しい。
意外と全曲分かったりするもんなんだなあ…とは。
今までのLiveで1曲だけかぶった曲もあったけれども。…いや…アレがかぶるんだなあって(ぼそ)
個人的にはラストの曲がとても嬉しかったり。この場所で聴いたら良さそうだな、と思ってたんで。
あ、オリジナルも1曲。…にやにやした(あ)


今年、本当にありがとうございました。Live6つも顔を出せるとは思ってなかった。そしてどのLiveも、終了後の多幸感がたまらない。
来年も伺えるといいなあ。日程、うまいこといくといいんだが(ぼそ)

*1:1stは白いシャツでございました